こけーけー・・・(^^;
こんばんわ。
本日は朝子供と嫁を送り出した後、普通ならはろうわあくにでかけるところなのですが、片付けをして一息ついてごろっと横になったが最後お昼までそのまま爆睡していました・・・(^^;

午前中は天気が良かったんですけど、午後から雲が広がってきまして、明日は雨という予報が出ていますし、雨が降ったあとよりも前のほうが綺麗だろうということで、「ミヤマキリシマ」の撮影に行きました。

ミヤマキリシマ(深山霧島 Rhododendron kiusianum)は、ツツジの一種。九州各地の高山に自生する。
1m程度の低木で、花期は概ね5月下旬から6月中旬。枝先に2-3個ずつ紫紅色の花をつけるが、桃色、薄紅色の花も見られる。ちなみに、気候が似通った秋にも少し咲くことがある。
和名に冠された霧島山・えびの高原のほか、阿蘇山、九重山、雲仙岳など九州各地の高山に分布する。
ミヤマキリシマは、火山活動により生態系が撹乱された山肌で優占種として生存できる。逆に火山活動が終息し植物の遷移によって森林化が進むと、優占種として生存できなくなる。

~Wikipediaより~


・・・仙酔峡(センスイキョウ)は熊本県阿蘇市、阿蘇山の標高約900メートルに位置する峡谷、仙人も酔う程の美しさの渓谷という言伝えで仙酔峡の名が付いたとか・・・

(関連サイトより)



で、ここにはやく5万株のミヤマキリシマが生息しています。しかも管理が行き届いていますので、割と見やすく撮影も楽なはずなんですが、まだまだ咲き始めですので、今一つ・・・(^^;
こんな感じでした・・・
e0159100_21264964.jpg
↑『ミヤマキリシマ』(2009.04.24撮影)
(EF24-105mm f/4L IS USM、1/125sec、F7.1、ISO400、焦点距離24.0mm、WBオート、露出補正-1/3)




e0159100_2127212.jpg
↑『ミヤマキリシマ』(2009.04.24撮影)
(EF24-105mm f/4L IS USM、1/200sec、F7.1、ISO400、焦点距離32.0mm、WBオート、露出補正-1/3)




さて・・・
昨日のタイトルですが、
「あとぜき」=「ドア(入口の扉)の後閉めの様子」・・・これ難しいんですよね・・・(^^;
ええとですね、これは引き戸でも開き戸でもそうなんですが、ドアをちゃんと閉めない人がいるじゃあないですか・・・そう言う時に躾としてドアをきっちり閉めさせる場合に良く使われます。たとえば、こういう使い方をしたりします。
「すーすーすった! ちゃんとアトゼキせんか!」=「(隙間風が)スースーするよ!ちゃんと扉を閉めなさい!」という訳になるでしょうかね・・・
昔から使われており、マナー向上のための言葉と解釈してもいいと思います♪

で、本日のタイトルですが・・・そのまんまです・・・(笑)










さて、本日の一枚ですが・・・
これで逝ってみましょうか・・・(^^;
e0159100_22221833.jpg
・・・やっぱり銀姐はカワイイのです♪
まあ、若干優しい顔になっちゃいましたけど・・・  (←なぜだか不満げ・・・^^; )

なぜ不満かって!?・・・
そりゃー、・・・ねー・・・
水銀燈はあの眼がいいのです!!!
・・・あのきつい眼から繰り出される視線は私を虜にするのですよ♪・・・(-。-;

眼力命!!
(↑すっかりどM)
[PR]
by didi_papa_diary | 2009-04-24 22:30 | 日々のこと
<< 鉄ヲタではないのですが・・・(^^; あとぜき・・・(^^; >>



( ´ー`)y-~~       まったり、ゆったり、のんびりが基本形です・・・でも、   現状は少々ばたばた     だったり・・・(^^;
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31